jukuchou

子供たちの学習指導に携わり20年ほどが経ちました。

個別指導型や集団指導型、大手塾のシステム型、自宅での個人指導等々、様々な形式を通して延べ1000人ほどのお子様たちを送り出して参りました。

それぞれの指導形式に長所・短所がありますが、一番成績向上に直結した指導形式が「少人数型+個別補講」でした。

 成る木塾では、「子どものやる気」を育み、「成績を上げる」ことに全力で追及するべく
 この少人数型の授業と個別補講型の形式を取り、一人一人に目を向けた手間ひまを惜しまない指導を心がけております。
 一人一人に合わせたカリキュラムを組むことで、学力と共に人間力を養います。
今、学習塾に求められていることは、質の良い講師と情熱を持った指導です。どちらが欠けても成果は出ません。
 
この塾で過ごした日々が、必ず「自信」に繋がる、徹底指導を行います。
 
%e5%a1%be%e9%95%b7%e7%bd%b2%e5%90%8d
 
 

 

takashima

学習塾の開業について業界内では鉄則とされている3点があります。

①「立地」交通量の多い道路に面した1階でコンビニ経営が出来るような場所を選ぶべし

②「広告・パンフレット類」子供たちの笑顔を中心に明るい写真を取り入れ、出来るだけ多く情報が入った案内関係書類を用意するべし

③「講師のスーツ着用」しっかりした講師を揃えている印象付け
 
これらの鉄則を忠実に形にした学習塾をよく見かけますが、一人の父親として大きな疑問を抱きました。
塾に求められている「学力を伸ばす」ということが含まれておらず、それらは入塾するまでの親に対するアピールであること
 
 幹線道路の1階店舗の家賃や華やかなパンフレット類にかかる費用はご存じでしょうか?
そもそも勉強というのは特別なものではなく、家族でテレビを観るように普通の生活の一部です。オフィスの様な無機質な密室でスーツを着た大人が教え込んでいることにも違和感を覚えます。
 
 「成る木塾」は塾の鉄則とされていることを排除し、「学力を伸ばす」ことに専念しました。本当に子供の学力が上がり、また子供の人生の糧となる教育が出来る塾なら、どんな裏路地にある塾でも見つけて頂けます。
 
そして、継続するには継続しやすい金額設定が必要です。月謝に跳ね返るような華やかな資料や立地は不必要と考えました。学力向上を貪欲に追い求め、次世代日本のリーダー輩出に微力ながらでも関わることが出来れば、これ以上の幸せはありません。
  
成る木塾ではそんな思いの講師たちがお待ちしております。
 
代表署名